マイナンバー

マイナンバー(個人番号)入力

最短1週間で納品のスピード作業!マイナンバーの入力作業(電子データ化)は、関西情報センターにお任せください。

民間事業者にも影響大!12桁のマイナンバー制度が始まります。

マイナンバー(個人番号)は、平成28年(2016年)1月から使用が始まります。 住民票を有する全ての方に1人1つの12桁の番号が与えられ、社会保障、税、災害対策などの分野で個人情報を確認するために活用されます。


それに伴い民間事業者も、源泉徴収票や支払調書の作成、健康保険、厚生年金、雇用保険の被保険者資格取得届の作成などの手続きで、従業員などのマイナンバーを取り扱い、行政機関に提出する必要があります。

マイナンバー(個人番号)の通知は平成27年(2015年)10月から。マイナンバー対策として、早めの準備が必要です。


マイナンバー(個人番号)の通知は平成27年(2015年)10月から。運用が開始される平成28年(2016年)1月までの準備期間が非常に短く、年末の繁忙期に事業所内でのマイナンバー対策に大きな負担がかかる可能性が懸念されます。

特に従業員数が多い会社などマイナンバーの取り扱いが多い場合、早めの対策が必要です。

【主なマイナンバー対策】
・マイナンバーの入力作業(電子データ化)
・人事や給料、会計システムなどのシステム開発や改修
・マイナンバーの取り扱いに関する社内規程づくり
・マイナンバーの取り扱いに関する社内教育の実施など


プライバシーマーク取得済、官公庁との取引実績豊富。大切な個人情報であるマイナンバーの電子化を関西情報センターが責任をもってお手伝いいたします。

マイナンバーは、従業員の方個人宛てに通知カードにて提供されます。事業者はそれを従業員から集め、手作業でマイナンバーをPCやシステムへ入力しなければなりません。膨大な数の入力作業量となりミスも生じやすく、チェック作業も非常に大変です。


12桁の番号入力はとても大変な作業です。マイナンバーの入力作業はデータ入力の専門業者へ。

関西情報センターではデータ入力専用のマシンを導入しております。プライバシーマーク取得済でセキュリティ対策も万全。多くの官公庁からも厚い信頼をいただいております。

また、入力精度は99%以上。データ入力の技術・スピードにも自信があります。最短で1週間でお好みのフォーマット(エクセルやテキストデータなど)にて納品いたします。

マイナンバー入力は全国対応しております。
お見積りはお気軽に。まずはご連絡ください。


弊社のデータ入力・人材派遣やデータ分析に関するご相談・お見積りなどはこちらまで。
PAGE TOP